手書きの日本酒プライスカード

手書きの日本酒プライスカード

当店の日本酒のプライスカードは、板に手書きをしております。

板を切り、紐を通す穴を開け、一枚ずつ丁寧に心を込めて書いています。

味がある読みやすい筆文字は、手書きならではの温かみを感じます。

プライスカードを書いているのは…

豊彦会長です。

達筆な会長は、熨斗の表書きや日本酒ラベルも担当しています。
当店オリジナル酒の「央」や「袋垂れ」のラベルも会長の字です。

今日も接客の合間にレジの横で板を切り、筆ペンでプライスカードを書いていました。
商品は、この日入荷したばかりの「曙酒造 天明 冬の生セメ」。

ご来店の際には、ぜひプライスカードにも注目してみてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

tazayou

埼玉県出身。「主食は日本酒」というくらい日本酒が大好き。 好きすぎて、会津に移住。五ノ井酒店でよく日本酒を物色しています。